Chat with us, powered by LiveChat

【5分で分かる】MEOとSEO、4つの違い

by takumi 8月 12, 2019
MEOとSEOの4つの違いを解説します。

MEOという言葉が最近よく聞かれるようになり、SEOとの違いを知りたい人が増えています。この記事ではSEO歴6年、MEO歴4年の私が2つの違いを教えます。

MEOとSEOはどちらも上位表示を目指す対策です。決定的な違いは検索結果が表示される位置です。

MEO(map engine optimization)は、地図検索で上位3枠内の表示を目指す対策です。SEO( search engine optimization) は、自然検索で上位を目指す対策です。

MEOとSEOの一番の違いは、検索結果が表示される位置です。

この表示場所の違いを知っている人は多いと思います。
この記事では、今すべき対策が「MEOなのかSEOなのか」判断に役立つ4つの違いを紹介します。

MEOとSEOの違い1:グーグルマイビジネスの有無

MEO対策には、Googleマイビジネスが必要です。

MEO対策にはグーグルマイビジネスが必須です。

裏を返せば、アカウントがあればMEO対策はできます。
ウェブサイトの導入に比べてハードルが低いのが、SEOとの大きな違いです。

PRO TIP

ウェブサイトの登録はグーグルマイビジネスのガイドラインで推奨されています。 自分のビジネスを選んでもらうために、魅力的なウェブサイトを登録しましょう。

MEOとSEOの違い2:業種によってMEO対策はできない

Googleマイビジネスに登録出来る業種はMEO対策ができます。

ガイドラインには「グーグルマイビジネスが利用できるのは、営業時間内に顧客と直接対応するお店やサービス」と決められています。

SEOはウェブサイトが有れば、どんな業種でも対策ができます。
一方でウェブだけで完結する、直接対応が行われない業態はMEO対策ができません。

ですが一部例外もあり、直接対応が無くても許可されるビジネスもあります。必ずガイドラインを確認してから判断してください。

PRO TIP

ガイドラインで許可されたビジネスは、必ずGoogleマイビジネスに登録しましょう。

MEOとSEOの違い 3:MEOは実店舗の実績も重要

MEO対策はオフラインの知名度が重要です。

SEOはオンライン上の対策が主ですが、MEOは知名度や評判など、オフラインでしか作れない実績が重要です。

理由はGoogleが公開している、ローカル検索アルゴリズムの中に「知名度」の項目があるからです。

知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます

ユーザーはオフラインでの経験をウェブ上にフィードバックします。
特にGoogleマイビジネスの「口コミ」は「知名度」を計る上で重要な要素とされています。

クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります

このようにMEOはオンライン上だけの対策ではありません。
オフラインの対策も必要なのが、SEOとの大きな違いです。

MEOとSEOの違い 4:メリットとデメリット

MEOとSEOのメリット・デメリットの違い

両者の違いを説明する上で欠かせないのがメリットとデメリットです。

MEOとSEOのメリットの違い

MEOとSEOのメリット一覧

【MEO】導入のハードルが低い

違い2でも解説したように、MEO対策はグーグルマイビジネスが有れば始められます。設定を自分で行えば完全無料です。導入のハードルが低いのは大きなメリットです。

【MEO】SEOと比べて競合が少ない

地域によって差はありますが、SEOと比べると競合が明らかに少ないです。
SEOは日本中の猛者が相手の「全国大会」。MEOは近隣の同業種で行われる「地区大会」と考えると分かりやすいでしょう。

【MEO】結果がすぐに出る

競合が少ない地区や、Googleマイビジネスを持たない人気店がMEO対策を始めると、すぐに結果が出ることも有ります。

その理由はローカル検索の順位が決定される仕組みにあります。
Googleは関連性距離知名度の3つを重要な指標としています。

ローカル検索結果は表示枠が3つです。エリア内に競合が少なければ、それだけで表示される可能性が高まります。

また結果に表示されるのは、Googleマイビジネスに登録された店舗だけです。知名度の高い店舗がアカウントを取得すれば、検索エンジンに評価され易いのは言うまでもありません。

【MEO】成果がわかりやすい

SEOを含めたデジタルマーケティングの成果測定は簡単では有りません。

一方MEO対策は、ルート検索数電話数ウェブサイトへのアクセス数など、来店に直結する情報が簡単に手に入ります。

Googleマイビジネスのモバイルアプリ内にある「インサイト」から、毎月の結果が確認できます。専門的な知識が無くても、来店に繋がる成果が分かる、大きなメリットが有ります。

【SEO】日本中、世界中をターゲットにできる

地域性が薄いビジネスなら、商圏を全国に広げることも可能です。
もちろん検索結果で上位表示できた場合に限りますが、世界中の人にあなたのビジネスを知ってもらえるチャンスも有ります。

【SEO】ブランドを構築できる

分野を限定して価値ある情報を発信すれば、ブランドとして認知されることも有ります。

価格.comは、商品を1番安く買える場所をユーザーに発信しています。
「価格の比較」をするなら「価格.com」と言えるほど、ブランディングが成功した素晴らしい例です。

【SEO】長期的に集客できる資産になる

価値あるコンテンツは繰り返し読まれます。
定期的なメンテナンスは必要ですが、ストック型の資産として手間をかけずにアクセスを流してくれるのが魅力です。

MEOとSEOのデメリットの違い

MEOとSEOのデメリット一覧

MEO対策のデメリットをまとめた「【知らないとやばい】MEO対策3つのデメリット」も参考にしてください。

【MEO】悪質なMEO業者が多い

Googleのガイドラインを守らない、悪質な業者が沢山います。

成果報酬を餌に顧客を集め、ガイドライン違反のスパムで無理やり検索順位を押し上げます。
スパム行為を繰り返すと、Googleマイビジネスのアカウントが凍結されるので要注意です。MEOは長期的な目線で誠実に取り組みましょう。

【MEO】設定を間違えると逆効果

設定を間違えれば、Googleにスパと判断されるかもしれません。
特にSEOの経験があると犯しやすい間違いです。

SEO対策ではタイトルにキーワードを入れると、関連性の高いコンテンツと評価されることがあります。ですがMEO対策ではタブーです。

Googleマイビジネスでは、ビジネス名にキーワードを入れるとガイドライン違反になります。

【MEO】MEO対策を魔法の杖と勘違いしやすい

業者の過度な売り込みが原因で、MEO対策が集客における「万能薬」のような間違ったイメージが作られました。

確かにSEOと比べれば早く結果が出ます。
ですがMEOはビジネスの改善に役立つ、1つのツールでしかありません。

ここを勘違いすると、集客に結びつくMEO対策はできないでしょう。

【SEO】専門的な知識が必要

MEO対策に比べ、圧倒的に専門知識が必要です。
習得に時間が掛かるので、ビジネスオーナーが本業の傍マスターするのは現実的ではありません。

定期的にアルゴリズムが変わるので、常に最新の知識を追い続ける必要もあります。

【SEO】結果が出るまでの時間が長い

SEO対策は成果が出るまでに、3〜6ヶ月必要と言われています。
早くて数日で成果が出るMEO対策と比べると、数カ月も時間が掛かるのは大きなデメリットです。

【SEO】効果測定が難しい

サイトへのアクセスが、来店に結びついたか調べるのは簡単ではありません。

ルート検索数、電話数など、来店に直結する情報が簡単に手に入るMEO対策とは大きな違いです。成果が分かりにくいと、施策を続けるモチベーションも下がります。

【関連トピック】SEOよりMEOを優先すべき?

MEOとSEOを比べれば、MEO対策を優先すべき。

Googleマイビジネスに登録ができるなら、MEOを優先すべきです。
MEOは結果が出るまでの時間が短く、SEOは時間がかかります。

まずは結果が出やすいMEO対策を済ませてから、SEO対策をするのが効率的です。

まとめ

MEOとSEOのそもそもの違いは、検索結果の表示位置です。
この記事ではそれ以外の4つの違いも紹介しました。

MEOはGoogleマイビジネスさえあれば、ウェブサイトは必要ありません。

SEOはウェブサイトが有れば対策ができます。MEOができる業種は「営業時間内に顧客と直接対応するお店やサービス」に限定されています。

またSEOとは違い、オフラインでの実績が検索順位に考慮されます。
それ以外も大小様々なメリットとデメリットの紹介をしました。

もしGoogleマイビジネスを取得できる業種なら、成果が出やすいMEO対策を優先させましょう!

Tags:
Social Shares

Related Articles

コメントを残す

Your email address will not be published. Required fields are marked *

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください